ソフィー & ディディエ・ギヨン

ブランドはもはや自己本位ではいられない。他の世界へと橋をかけ、自分たちとは異なる
影響力をもつトレンドとつながり、時代の精神とひとつになるべきだと思う

コミュニケーションヴィジュアルからカウンター、トリートメントルームに至るまでブランドのアイデンティティの重要な柱であるアートがあふれています。ディディエ・ギヨンはヴァルモンの世界の隅々にまでアーティストたちによる影響が広がることを賛意を示しています。

ベスク、イサオ・アルティガス、ウイリアム・ベスといった多種多様な芸術家が ヴァルモンの創作に参加してきました。ディディエ・ギヨンは自らのプライベートコレクションの中から作品を貸し出し、 “When Art meets Beauty” と題した展示会を開催しています。

ヴァルモンはプログラムを通して、芸術活動に参加することを誇りに思っています。世界的な数々の展示会、美術館、アーティストのサポートを行っております。

ディディエ・ギヨンの芸術的嗅覚に導かれ、プログラムはベネチアに錨を下しました。第 56回ベネチア・ビエンナーレの公式のコラテラルイベントとして、格別な展示を行いました。

詳しくは www.dialogueoffire.org をご覧ください。

コレクション ジャンヌレ

ヴァルモンの 30周年記念としてディディエ・ギヨンが立ち上げた9作品によるCollection d’Artistesプロジェクト。現代アートの芸術家たちによって限定10セット作られました。

いろんな分野からヨーロッパ人アーティストたちが参加する、いわば芸術の表現方法のるつぼのようなイベントです。展示される作品は、ガラス、金属、セラミックといったさまざまなマテリアルで作られています。そして分野も幅広く、彫刻、絵画、スケッチ、写真。植物から動物、肖像画から建築にわたって、全作品が真剣に美を探求しています。種類が豊富であるからこそ、あらゆる好みにマッチすることができ、 作品たちはある種のはかなさや探求する精神を伝えています。美の傑出を表現したこれらの作品は、まさしくヴァルモンの使命でもある「美の探求」を感じさせます。

世界的に初披露目となったパリのパラス「ホテル ル・ムーリス」を皮切りに、展示会はブランドのパートナーホテルの協力で世界中を巡りました。

詳しくは www.collection-artistes.com をご覧ください。